【SCUF】スカフコントローラーを公式サイトから購入!最安値の購入方法を徹底解説【PS4】

SCUF GAMING 公式

こんにちは、まさおです。

今回は実際に僕が購入した、スカフ(SCUF)コントローラーの購入方法を紹介します。

購入理由は背面ボタンが欲しくなり、日本だとナコンやASTROなどが有名ですが、通常のPS4コントローラーに近い形が欲しかったからです。

スカフ(SCUF)コントローラーの購入方法は主に3種類あります。

  1. 公式サイトから直接購入
  2. Amazonから購入
  3. 輸入代行店から購入

SCUF(スカフ)は海外メーカーの為、公式サイトは英語です。

なので必然的に海外輸入する事になります。

公式サイトから直接購入するメリットは安価・フルカスタム・公式保証の三点です。

海外輸入に不安を感じる人は3の輸入代行店からの購入だと、壊れた時などに保証してくれます。

ただ、輸入代行店を通すと直接購入よりも大幅に金額が上がります。

今回はメリットが三点ある公式サイトから購入する方法を、徹底解説します。



SCUF(スカフ)コントローラーを公式サイトから購入する

まずはSCUF GAMING公式サイトにアクセスします。

https://scufgaming.com/int/

SCUF GAMING 公式

今回僕はPS4のコントローラーを購入しました。

黄色ボタンのSHOP NOWから、INFINITY4PS PROを画像の通りに選んでオーダーを進めていきます。

カスタマイズ画面

SCUF コントローラー

まずはカラーを選びます。黒白以外は値段が上がります。

僕はこだわりがないので白にしました。

40色のカラーがあるので、カスタマイズしに公式サイトへ行くだけでも楽しいです。

SCUF EMR

続いてEMR機能の有無を決めます。

EMRとはパドル(背面ボタン)の割当を変更する機能です。

FPSなど、スティックを操作しながら咄嗟に別ボタンの操作が必要な場合は、パドルがあると便利です。

後付けできないので、理由がない場合以外はつけるのがおすすめです。

SCUF トリガー

続いてトリガーボタンの変更です。

設定すると、トリガーを途中で止めたり、マウスのクリックのような使用感にできます。

僕はそのままでいいのでなしにしました。

SCUF スティック

次はスティックのオーターです。

スティックは左右ともに長さ、色、凹み方など自由に選べるので、好きなタイプを選びましょう。

スティック部分は外して交換可能なので、好みで選んでも問題ありません。

僕は短め、黒、凹みを選びました。

SCUF ボタンの色

続いてボタンの色です。十字キーはもちろん、右側のボタンも塗りつぶせます。

左右で別々のカラーにする事も可能です。

SCUF グリップ

続いてグリップ(滑り止め)です。最初からグリップをつけるか選びます。

通常のグリップとは別で凸凹したタイプもあります。こちらは画像の通り色を選ぶことも可能です。

ゲームのプレイ中、手に汗をかきやすい人や、元々純正コントローラーにグリップをつけている人におすすめの機能です。

僕はグリップ有りの凸凹タイプで色は黒にしました。

SCUF 振動

最後に振動の有無を選びます。

振動機能を無しにすると少しコントローラーが軽くなるので、軽いコントローラーが欲しい方は無しにしましょう。

僕はそのまま有りにしました。

これでカスタマイズ完了です。最後にお会計に入ります。

SCUF 購入画面

同時に他のパーツも買いますか?と聞かれますが、必要なければ無理に購入する必要はありません。

僕はケースが欲しいと思ったので、ケースパックを買いました。高いものなので!

クーポン入力もこの画面で行います。

こちらからクーポンを入手できるので入手してください。

合計金額が$表示なので、その値段をそのままGoogle検索すると円に変更できるので、具体的な金額が知りたい方は調べましょう。

気にならないなら大体1$=100円のイメージで大丈夫です。

個人情報の入力画面

scuf 個人情報入力画面

こちらが入力画面です。

日本と違い、海外では住所を逆から入力していきます。

画像を参考に入力してください。無理に地名を英語変換せずローマ字入力で大丈夫です!

ローマ字で良い理由はJapanを選んだ時点で日本に配達されるので、あとは日本の配達員さんがわかる入力をすれば大丈夫です。

送料はJapanの時点で決まりますが、島国なので国際便は高いです。

次の画面で支払い方法に入ります。

クレジットカード決済、US Amazon、Paypal決済の三種類から選べますが好きな支払方法で大丈夫です。

僕は楽なのでクレジットカードで払いました。

実際の僕のカスタマイズの値段になります。

scuf 購入カスタマイズ

EMRとグリップの付与、パドルの変更だけなので割と安価になってます。

ケースパックを含めて$221.66だったので、コントローラーと送料のみだと$196.71です。

この時は1$=106円程度だったので、日本円にすると20500円くらいでした。

scuf注文完了メール

注文が完了すると画像のようなメールが届くのでチェックしましょう。

隠してるのは個人情報の部分です。

一番右下が配達予定日ですね。到着までに結構時間がかかるので、気長に待ちましょう。

このメールが来ればあとは到着を待つのみです。お疲れ様でした!

新品のスカフコントローラーを購入するなら公式サイトがおすすめ

安値で新品のスカフコントローラーを購入するなら、公式サイトからの輸入購入がおすすめです。

輸入代理店などを通すと、どうしても高値になってしまいます。

自分好みにカスタマイズできるので、中古製品をメルカリなどで購入するより、使い心地も良いです。

これを機に海外製品の輸入に慣れるのも、スキルとして身につくかもしれませんね。

ぜひ一度SCUF GAMING公式サイトにアクセスしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まさお

生き甲斐:ゲーム。1年中色々なゲームしてます。 前職を病気でやめて仕事はフリーランスで活動中です。 ゲーム全般やガジェット、アニメが好きです。 PC周辺機器はLogicool製品を愛用。