うつ病の方は必見!自立支援医療を申請するだけで医療費が1割に!

医療費

こんにちは、まさおです。

「自立支援医療制度」を知っているでしょうか?

精神病の方で申請してないかたは、今すぐに申請するようにするのがおすすめです!

あなたの雇用形態など次第ですが、医療費がタダになったり3割負担だったものが1割負担になります!

僕は会社の経理さんが教えてくれたお陰でうつ病になってからすぐに申請出来ました。

これは病院では聞かれないと教えてもらえないので、ぜひ申請してみてください!



自立支援医療制度とは?

精神通院医療の概要

精神通院医療は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対し、その通院医療に係る自立支援医療費の支給を行うものです。

引用:厚生労働省

詳しくは各市役所や保健所に問い合わせてみてください。

基本的に自分が決めた病院で申請が通ると、収入によってタダになったり1割負担になります。

僕は会社に勤めていた時はタダでした。

会社を退職し実家に戻ってからは親の扶養になったので1割負担になりました。

※精神病以外の通院ではこの制度は使えないので注意してください。

精神疾患なら誰でも受けられる

  • (1)病状性を含む器質性精神障害
  • (2)精神作用物質使用による精神及び行動の障害
  • (3)統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害
  • (4)気分障害
  • (5)てんかん
  • (6)神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害
  • (7)生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群
  • (8)成人の人格及び行動の障害
  • (9)精神遅滞
  • (10)心理的発達の障害
  • (11)小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害

引用:厚生労働省

この記事はうつ病の方、及び精神疾患の方に向けて書いているので基本大丈夫という考えでOKです。

もちろん、担当医とは相談してください。

自立支援医療制度を受けるメリット

医療費の負担がタダ、もしくは1割負担になること。

精神疾患は基本長期戦、又はずっと付き合っていく病気なので受けておいて損はないです。

そもそもこの記事を読んでまだ受けてない人はぜひ受けましょう!

自立支援医療制度の申請にかかる時間

僕の所では保健所で申請した日から大丈夫でした。(受理した用紙のコピーをくれます)

基本的に医師の診断書を出すので、それがあればすぐに可能です。

ぜひ役所に確認してみてください。

自立支援医療制度を利用すると、どの程度お金が浮くの?

精神科と薬局の両方に適応されるので例を上げると

タダの場合 → 精神科と薬局共に無料。

1割負担の場合 → 1割で大体600~700円程度になります。3割だと単純に×3なので2000円程度。

人によって違いますが大体病院と薬局を含めると3000円程度は安くなる気がします。

月に行く頻度にもよりますがかなり出費を抑える事が出来ますね。

※カウンセリングは保険対応外なので自立支援は含まれないので注意。

自立支援医療制度を申請しよう!

病院で必要な手続きについては各病院に確認してください。

僕の場合は医師に相談した所、すんなり了承をもらったのですぐに申請出来ました。

医師側からこの提案はないので自分自身で知っているか知らないか、この差は非常に大きいです!

注意
自立支援制度は1年毎に更新があるので注意してください。

再びめんどくさい書類を出さなければいけないので気をつけましょう。

2年に一度は必ず診断書を提出するはずです。ここも注意。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自立支援制度があるという事は知っているのと知らないのでは経済的に大きな差が生まれます。

もし申請してない方はぜひ担当医に相談して申請してみてください!

この記事が少しでも役に立ってもらえると幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まさお

生き甲斐:ゲーム。1年中色々なゲームしてます。 前職を病気でやめて仕事はフリーランスで活動中です。 ゲーム全般やガジェット、アニメが好きです。 PC周辺機器はLogicool製品を愛用。