WordPressを旧テキストエディターに戻すには「Classic Editor」

こんにちは、まさおです。

WordPressでは5.0へのアップデートに伴い、テキストエディターも新しいものになりました。

その新テキストエディター名は「Gutenberg」

新しいエディタの画像

ですが、このテキストエディターは使いづらいと評判になっています。

まだ新しいエディターに不慣れという事もあるのでしょうが、「Gutenberg」にしたら”他のプラグインが動かなくなってしまった”、”使用しているテーマが対応していない”という事もあるそうです。

今回紹介するのはテキストエディターを古いものに戻すプラグイン「Classic Editor」です。

これを導入する事で従来の旧エディターが使えます。



インストール手順

「Classic Editor」はWordpressの公式プラグインです。

2021年の12月31日までサポートされるそうです。

以下、インストール手順になります。

プラグインの新規追加にて「Classic Editor」で検索。

これをインストールし、有効化。

すると投稿画面が昔の旧テキストエディターに戻ります。

簡単にテキストエディターの切り替えが変更可能

プラグインのインストール後も、「Classic Editor」と「Gutenberg」は簡単に切替が可能です。

WordPress管理画面→設定→投稿設定

また投稿ユーザーごとに切り替えも可能です。

毎回プラグインを無効、有効と切り替えなくてもいいのは便利ですね。

まさお
実は自分も「Classic Editor」で執筆しています。やはりこちらの方がわかりやすいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まさお

「うつ病」「ADHD」で毎日死にたくなってるので家で”楽しい事”を探しつつ執筆しています。 ゲーム全般やガジェット、アニメが好きです。 PC周辺機器はLogicool製品を愛用。