【FF14】ACTを1から導入していく。

ACT公式Download画面

こんにちは、まさおです。

今回はFF14をプレイしている人(特に高難易度に行く方)だとよく聞くACTを1から導入方法を紹介します。

そもそもACTとは?

Advanced Combat Tracker「通称ACT、アクト」は、簡単に説明するとFF14が出力するログを読み取って色々出来るツールです。

主にプレイヤーが与えたダメージを計算し数値化するのが目的に使われています。

他にも別のジョブが使用するバフのリキャストを見える様にしたり、特定のワードをトリガーに音を鳴らすなど様々な使い方があります。

FF14をプレイしていればかなり便利なソフトフェアなのですが一つ注意があります。

FF14では外部ツールの使用は原則禁止

もちろんACTもこの外部ツールにあたるもので、厳密には使用してはいけないソフトフェアです。

外部ツールと言えばDiscordなどの通話を行うソフトや、マウスの制御ソフトも外部ツールなので使用禁止になってしまうのですが、ただプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏は「みなさんのPCに何がインストールされているのかを調べる権利もインストールするなという権利もない」と公言しています。

また公式にDPS計算ツールを入れると「必ず荒れるのでやらない」を断言しており、ACTで計算した数値を使用して他者への攻撃はハラスメントに当たり規約に違反する事を覚えておいてください。

とはいえ、上手に使えば便利なツールを使用する事にはないので早速ACTを導入していきます。

必要なもの

Advanced Combat Tracker

ACT本体。これがないと何もできません。

Microsoft .NET Framework

ランタイム。これがないとACTが動きません。基本PCにインストールされているはずです。

7-zip

解凍ソフト。他に解凍ソフトがインストールされている場合は必要ありません。

ACTをPCに導入する

1.ACT公式サイトにアクセスします。

https://advancedcombattracker.com/home.php

ACT公式サイト

DownloadをクリックしてファイルのDLできる画面にいきます。

ACT公式Download画面

ACT公式サイトから赤枠内の2種類をダウンロードします。

Main Program Downloads がACT本体。Parsing Plugin Downloads がFF14のプラグイン。

ACT本体はSetup版もあるのですが、後の事を考えるとZip版の方が絶対良いです。

2.DLしたらファイルを配置します。
ACTは膨大なログファイルを吐き出すので出来るだけOSが入っているCドライブは避けてください。

今後の事も考えると別の外付けHDDか内蔵HDDが良いと思います。ない場合は購入を検討してください。

僕の配置例 D:\app:ACTv3

3.管理者権限で起動するように設定する
ファイルを配置したらACTv3内部のAdvanced Combat Tracker.exeを右クリックしてプロパティを開き、管理者権限で実行するようにチェックを入れる。

管理者権限に変更する

チェックを入れたらOKをクリックする。

4.デスクトップにショートカットを作る。
ショートカットなので好きな所で良いです。自分はタスクバーに固定しています。

ファイアウォールの設定

1.Windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可を開く

2.設定の変更から別のアプリの許可をクリックする
ファイアウォールの設定

3.参照をクリックして先程配置したACT本体(Advanced Combat Tracker.exe)を選んで追加する。
ファイルを参照する

4.プライベートとパブリックの両方にチェックを入れる
ファイアウォール設定

5.OKをクリックして終了

6.PCを再起動する

FFXIV_ACT_Plugin の導入

1.ファイルをダウンロードする FFXIV_ACT_Plugin

FFXIV_ACT_Plugin

2.ファイルを解凍してACTのPluginファイル内に配置する。

僕の配置例:D:\app:ACTv3:Plugin

3.ACTを起動する

4.セットアップウィザードが立ち上がると思いますがCloseをクリックしてキャンセル。
これから自分で設定していきます。

5.プラグインを追加する
[Plugins] → [Browse] → 追加するプラグインを選択する → [開く] → [Add/Enable Plugin] と操作してプラグインを追加する。

プラグイン導入

ACT本体の初期設定

ACTでおすすめの変更する部分だけご紹介致します。

ACT初期設定1

Custom Trigger ~ threads
カスタムトリガーの判定に使用する追加スレッド数。基本スペスペを使うためそのまま0で良いが変えても変化はあまりなし。

ACT初期設定2

Number of secounds ~ encounter
新しいエンカウントとして分離するための最後の戦闘からの経過秒数。
90秒など適当な長さの数字を入力。個人的に90秒がおすすめ。
この時間が短い場合、戦闘中のムービーや長い演出などで集計が区切られてしまう。

ACT初期設定3

Parse Mode
必ず「Network」にする。他のモードでないと動作しないという場合はセットアップが間違っているので手順を見直すこと。

Log File Location
必ずデフォルトの場所から変えておきます。ここで指定した場所に解析されたネットワークデータが保存されます。
かなり膨大なデータ量になりますので容量的に余裕のあるストレージを指定しておくと良いでしょう。
なお書き込み速度のパフォーマンスは分析のパフォーマンスにはほとんど影響を与えないため、USBの外付けHDD等でも全然問題ありません。

Game Language
「日本語」で

Parse Fileter
「Party」に変更

ACT初期設定4

Hide Overlay
ターゲット、フォーカスターゲット、ホバーターゲット、ターゲットのターゲットについての情報を隠します。

思ったよりも長くなったので続きはまた後で書きます。暁月までには全部書きます(2021/10/15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生き甲斐:ゲーム。1年中色々なゲームしてます。 前職を病気でやめて仕事はフリーランスで活動中です。 ゲーム全般やガジェット、アニメが好きです。 PC周辺機器はLogicool製品を愛用。